2018年08月02日

ワールド・イン・ザ・ラウンド 動きだす世界地図

昨日に続いてもうひとつ、AR技術を利用した地図帳!

ワールド・イン・ザ・ラウンド 動きだす世界地図
ワールド・イン・ザ・ラウンド 動きだす世界地図

この技術も社会情勢もめまぐるしく動く時代に2年前に刊行された本の紹介で恐縮ですが、iOS6以降、Android3.4以降に対応しています。丸い形の本にしびれるし、読むだけでも十分楽しめるけど、スマホをかざせば150本もの動画が見られて、まさに世界が本の中から飛びだしてくる感じ!

昔、マルチメディアという言葉が取り沙汰されていたころ、『Pop Up Computer』というCD-ROMに大いに感動したことを思い出します。飛び出す絵本をパソコンで楽しむという、まるで逆の発想でしたけれど、当時は本当に画期的だったんですよね。

この先、紙と情報はどのように融合していくんでしょうね。

ラベル:AR JapaneseBook app WORLD
posted by popo at 18:40| 知識系の本 | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

アニマルアトラス 動きだす世界の動物

チェックを怠っていたら、とても面白そうな仕掛け本がたくさん出ていました。
欲しい。けど置くところがない。

でもこれならスペースをとらないかな?

アニマルアトラス 動きだす世界の動物
アニマルアトラス 動きだす世界の動物

500種以上の動物を紹介するイラストの素敵な絵本なのですが、AR機能がついているので、 無料のアプリをダウンロードすればナショナルジオグラフィックなどの映像約100本も楽しめるそうです!

私的には分厚く折り畳まれた本から紙が飛び出すのが楽しいんだけれども、これからの時代、こういうことになっていくのかな、なんて思ったりします。

posted by popo at 16:12| 知識系の本 | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

おばけめいろにチャレンジ

だまし絵+錯覚+めいろ+絵探し!

おばけめいろにチャレンジ (おばけトリックアート)
おばけめいろにチャレンジ (おばけトリックアート)
これが楽しくないわけがありません。このおばけのシリーズはほかに2冊あります。
おばけトリックアート〈1〉おばけやしきのきょうふ
おばけトリックアート〈1〉おばけやしきのきょうふ
たんけん! おばけじま
たんけん! おばけじま

こちら↓も同じ著者さんのトリックアートのシリーズ。
トリックアート図鑑(全4巻セット)
トリックアート図鑑(全4巻セット)

大人向けですが、うちにはこれ↓もあります。
錯視大解析 脳がだまされるサイエンス心理学の世界
錯視大解析 脳がだまされるサイエンス心理学の世界

人間は脳で見ているんだなあとしみじみと感じる本です。
posted by popo at 14:06| 知識系の本 | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

かわ

かこさとしさんの本はどれも好きですが、仕掛けという切り口で見れば、一番は「あさイチ」でも紹介されたこれではないでしょうか。

絵巻じたて ひろがるえほん かわ (福音館の単行本)
絵巻じたて ひろがるえほん かわ (福音館の単行本)

絵本にしてはお値段が張りますが、箱入りで布張り箔押し(風?)、7メートルを超える絵巻ですから安いものです。
DSCF2021 (2).JPG

どんなふうに絵巻なのかは、出版社さんが動画をあげてくださっています。


郷土に沿ったかこさんの絵本の数々は、まさに日本の財産ですね。

ラベル:JapaneseBook pullout
posted by popo at 15:28| 知識系の本 | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

錯視芸術:遠近法と視覚の科学

仕掛け絵本の基本はペーパーエンジニアリングと錯視だと思います。

最近の私の興味はペーパーエンジニアリングのほうに傾きがちだったので、錯視を見直してみようと思いました。

錯視芸術:遠近法と視覚の科学 (アルケミスト双書)
錯視芸術:遠近法と視覚の科学 (アルケミスト双書)

やっぱり日本語で読むと理解が深まりますね。
このシリーズ、興味深いテーマが揃っていて(日本語版の出版社ホームページはこちら)、17.5 x 14.7センチと場所も取らないしお勧めです!
ほかに持っているのは

ドラゴン:神話の森の小さな歴史の物語 (アルケミスト双書) リトル・ピープル:ピクシー、ブラウニー、精霊たちとその他の妖精 (アルケミスト双書) 黄金比:自然と芸術にひそむもっとも不思議な数の話 (アルケミスト双書)

それと何故かドラゴンは英語版も。同じものを英日2冊も持ってどうするんだか。
A Little History of Dragons (Wooden Books Gift Book)
A Little History of Dragons (Wooden Books Gift Book) 

また全巻揃えたい病が出そうなところですが、ありがたいことに(?)英語と日本語のどちらにするか決めかねて歯止めがかかっています。

posted by popo at 15:07| 知識系の本 | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

Barcelona: Panorama Pops

Barcelona: Panorama Pops
Barcelona: Panorama Pops

歯止めが外れたので、「行った場所に限る」というこちらの自主規制も外し、「行きたい街」バルセロナの3Dガイドをゲット!

DSCF2005 (2).JPG

いつか行くときは、これを持っていきますよ。ていうか、それが本来の使い方かな? 手のひらサイズのガイドブックですから。
posted by popo at 13:44| 知識系の本 | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

This Book Is a Planetarium: And Other Extraordinary Pop-Up Contraptions

お待たせしました!

This Book Is a Planetarium: And Other Extraordinary Pop-Up Contraptions -
This Book Is a Planetarium: And Other Extraordinary Pop-Up Contraptions -

やっとじっくりめくってみました! と言っても、わずか見開き5ページ、道具が6つだけです。でも、そのどれもがすごい。いちばんの売りはやっぱりタイトルどおり、プラネタリウムですね!

DSCF1967 (2).JPG
ちゃんと北極星、北斗七星、カシオペア座がありますよ!

中にスマホのライトを差し入れると――
DSCF1964 (2).JPG
うわー、天井に星座が広がります! だいぶ低くて大ざっぱな夜空ですけどね。どんな感じかは、もったいないので内緒♪(というか、実は伝わるように写真を撮ることができませんでした・・・)

ほかには弦楽器、暗号化装置、万年カレンダー、スピーカー、小さい頃よくやった歯車が噛み合ってぐるぐる模様をかけるやつ(スピログラフっていうんでしょうか?)。「What can paper do?」のテーマを具現化する装置がひとつひとつ丁寧に作られていて、くっつき防止用なのか薄紙が挟んでありました。

お値段だけのことはある、物事のからくりを理解して楽しめる超絶お勧めの仕掛け絵本です!
日本語版は出ないのかなあ。なんなら訳しますよ?

追記:著者さんのホームページに紹介動画がありますので、ぜひ!
posted by popo at 23:54| 知識系の本 | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

Sticker Picture Atlas of the World

世界についてシールを貼りながら学ぶ本です。
シールはなんと350枚もあるそうです。表紙を見ると、日本は桜と新幹線かな? イラストや字体、色合いもおしゃれですよね。

Sticker Picture Atlas of the World (Sticker Books) -
Sticker Picture Atlas of the World (Sticker Books) -

シールを貼るのって、いくつになっても楽しいのは何故なんでしょうか? オリンピックを観ながら、子どもといっしょに勉強とかいいかも。

日本語版もあります。


私が子どもの頃にもこういう本があったなら(あったのかな?)もっと地理が得意になっていたと思うな。
ちなみに原書は2013年の刊行です。
posted by popo at 15:33| 知識系の本 | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

細密イラストで学ぶ地球の図鑑

昨晩の皆既月食、神秘的でしたね。

こんなときこそ、宇宙や地球の仕組みについて理解を深めたい! 残念ながら月食についてはまだこれぞという仕掛け本を見つけられていないので、代わりにこの本を出してきました。

細密イラストで学ぶ 地球の図鑑 -
細密イラストで学ぶ 地球の図鑑 -

昨今よくあるCGではなくて細密イラスト。穏やかな気持ちで学べます。

透明シートの仕掛けは全ページではないのですが、たとえば季節についてのページでは、右側の緑の葉が透明シートに印刷されていて
DSC_0029 (3).JPG
シートをめくると一気に木の姿が変わります。
DSC_0031 (2).JPG
なぜ四季があるのか、その仕組みは見開きの左に解説文、右上にイラストが。

同じシリーズに虫系もありますよ。


ちなみに皆既月食の写真えほんなら、3年前の皆既月食のときのこれもおすすめです!
げっしょく -
げっしょく -
posted by popo at 12:27| 知識系の本 | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

マップス: 新・世界図絵

仕掛けはないみたいなのですが、とても気になっている本があります。

マップス: 新・世界図絵 (児童書) -
マップス: 新・世界図絵 (児童書) -

「ポーランドで人気の絵本作家夫妻が、世界の国々をすみからすみまで調べあげ、まる3年かけて、地図とイラストをかきました」とのこと。4000以上のイラストで42か国を紹介してあり、巻末には世界198か国の国旗一覧つき。オリンピック前の予習にもよさそう!

さらにワークブックも。
マップス らくがきワークブック (児童書) -
マップス らくがきワークブック (児童書) -

こちらは、色をぬったり絵をかいたり国旗をデザインしたり、お勉強というよりは自由に遊ぶ系かな?

英語版は中身が少しだけ紹介されています。
 

気になる!
posted by popo at 21:54| 知識系の本 | 更新情報をチェックする