2017年12月21日

今回見送ったくるみ割り人形

くるみ割り人形の絵本は本当にたくさんあるので、最後まで迷ったものを備忘録も兼ねて並べておこうと思います。

Le Petit Th'tre de Casse-Noisette -
Le Petit Th'tre de Casse-Noisette -

くるみ割り人形 (ぶたいしかけえほん) -
くるみ割り人形 (ぶたいしかけえほん) -

The Nutcracker (Magical Pop Up) -
The Nutcracker (Magical Pop Up) -

くるみわり人形 (しかけえほん) -
くるみわり人形 (しかけえほん) -

The Nutcracker: A Magical Pop-up Adventure -
The Nutcracker: A Magical Pop-up Adventure -

Nut Cracker -
Nut Cracker -

The Nutcracker -
The Nutcracker -

最後のはおそらく先日の「雪の女王」や「モミの木」と同じシリーズ。翻訳版はまだかな?

その上のハートのくり抜きの本は、ぼやぼやしているうちに手の届かない価格になってしまいました。
posted by popo at 19:30| 英語の本 | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

The Nutcracker: A Papercut Pop-Up Book

くるみ割り人形もアリス同様、クリエイターさんたちの心をくすぐるようで、いろいろな仕掛け本が出ています。1冊欲しいと思いながらも、どれにするかずっと決めかねてきました。(無尽蔵な資金とスペースさえあれば!)

そしてついに今年、買っちゃいました! ただし結局は絞りきれず、いきなり2冊です。

1冊目は、最近の投稿から垣間見ることのできるとおり切り絵にはまっているので、こちら。

The Nutcracker: A Papercut Pop-Up Book -
The Nutcracker: A Papercut Pop-Up Book -

ぺちゃんこの本なのに、ページとページのあいだの切り絵を丸く立たせると、見事な切り絵の世界が現れます。

DSCF1818 (2).JPG
これはネズミとの対決シーン。切り絵はぜんぶで4シーンあります。どれも繊細でうっとりする美しさ。ナイトスタンドの脇に飾りたい感じですね。

日本語版も出ていますよ。



もう1冊については、また今度。
posted by popo at 12:30| 英語の本 | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

Hokusai Pop-Ups

北斎展、とてもよかったです。

その流れで、北斎のポップアップ本。

Hokusai Pop-Ups -
Hokusai Pop-Ups -

日本語版も出ています。浮世絵同様、いわば逆輸入ですね。
北斎 ポップアップで味わう不思議な世界 (しかけえほん) -
北斎 ポップアップで味わう不思議な世界 (しかけえほん) -

でも、本物の絵を見てしまうとなんだか物足りなくて、今回はパスなのでした。そのうち欲しくなるかもしれないけど、たとえば立体のクリスマスカードとか、パズルとかでもいいかな、なんて。

 

美術館には他にもたくさんのグッズがあって目移りしてしまい、なにも買えずに帰ってきました。また物色しにいこうと思います。
posted by popo at 18:38| 英語の本 | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

Paddington Pop-up London

くまのパディントンの作者、マイケル・ボンドさんが死去されましたね。ご冥福をお祈りします。

パディントン、どのお話もすごく好きでした。でも考えてみれば、パディントンの変わり本は1冊も持っていない!

ということで探してみたら、とっても好きな感じの2冊が見つかりました!
Paddington at the Launderette: Pop-up Book (A mini pop-up book) -
Paddington at the Launderette: Pop-up Book (A mini pop-up book) -

Paddington and the Snowbear: Pop-up Book (A mini pop-up book) -
Paddington and the Snowbear: Pop-up Book (A mini pop-up book) -

ただ、どちらも絶版らしくて、状態の良い物はお高い。

こちらはよく見かけるキャラクターとしてのパディントンの絵。
Paddington Bear: Lift-the-flap Rebus Book -
Paddington Bear: Lift-the-flap Rebus Book -
同じく絶版。

唯一いま新品を注文できるのは、実写版でした。ただし、予約。
Paddington Pop-up London -
Paddington Pop-up London -

映画のパディントンは私の好きなパディントンのイメージとだいぶ違ったので悩むけど、悩むけど、買っちゃうかな?

スペイン語版、ドイツ語版も予約受付中です。
 
ラベル:paddington POPUP movie
posted by popo at 11:11| 英語の本 | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

Suicide Squad: Behind the Scenes with the Worst Heroes Ever

いつも心を惹かれるものとはちょっと毛色が違いますが、こんな本を見つけました。

Suicide Squad: Behind the Scenes with the Worst Heroes Ever -
Suicide Squad: Behind the Scenes with the Worst Heroes Ever -

DCコミックスの悪党軍団が大暴れする映画『スーサイド・スクワッド』の公式ヴィジュアルブックだそうで、それだけならふーん、なのですが、説明を見ると手紙やらトランプやらポストカードやらポスターやら、付録がとっても充実している様子。特にファンではないのですが、ワクワクします。欲しくなっちゃいます。

一方、日本語版もありますが、こちらはレビューを見る限りどうやら期待を外しているみたい。
スーサイド・スクワッド Behind the Scenes with the Worst Heroes Ever (GRAFFICA NOVELS) -
スーサイド・スクワッド Behind the Scenes with the Worst Heroes Ever (GRAFFICA NOVELS) -

情報は電子媒体で手に入るこのご時世、紙の本に求められるものは何なのか、考えさせられますね。

posted by popo at 09:50| 英語の本 | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

How to be a Viking

文字の本に忙しくて、久しぶりの更新です。といっても、仕掛け系ではないのですが、一応ただの本ではないよ、ということで。

How to Be a Viking -
How to Be a Viking -

How to Train Your Dragon: Book 1 -
How to Train Your Dragon: Book 1 - 、すなわち『ヒックとドラゴン』で一躍有名になったヒックの、小さい頃のお話。

絵本なのですが、なんとこのハードカバー版には著者さんによる朗読CDがついているのです!
2017-05-08 17.13.19.jpg

そしてそして、ヒックのお父さんの歌う歌を、著者さんが歌ってくれちゃっているのです!!
2017-05-08 17.14.30.jpg

ヒックが大好きだった子供たちも、そろそろ中学生とか、高校生とか。全巻制覇したあとに絵本?と思うかもしれないけれど、英語の音に慣れるのにぴったりだし、ヒックが大好きだった気持ちがきっとよみがえってきます。大好きだった私が言うんだから&大好きだった甥っ子(中学生)が喜んでくれたんだから、間違いありません。

日本語版は出ないのかな? 誰がどんな風に朗読するんだろう、などと空想するのも楽しいけれど。
posted by popo at 21:50| 英語の本 | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

How to Be a Viking

仕掛け絵本ではないのですが、ヒックとドラゴンのシリーズが大好きです。甥っ子にも勧めてしっかりはまってくれたので、嬉しく思っています。

早く次の12巻が(日本語で)読みたい!

待ちきれないので、ヒックの子供時代を描いた絵本を贈り物用にポチッとしました。

How to be a Viking (English Edition) -
How to be a Viking (English Edition) -

このリンクはKindle版ですが、ハードカバー版には著者による朗読CDがついているようなので、迷わずそちらをクリック。なお、なぜかペーパーバック版だけ別のページになっています。

How to be a Viking (Hiccup 1) -

CDがついているのならペーパーバックでも(というか、の方が)いいんだけれど、調べてもわからなかったので、やめておきました。

甥っ子、喜んでくれるといいな。
posted by popo at 18:18| 英語の本 | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

New York in Pajamarama 届きました!

フランス語版を諦めて英語版を注文した本が届きました!

New York in Pajamarama -
New York in Pajamarama -

最近は収納場所の関係+子供が大きくなった関係で、手軽なペーパーバックがありがたい。

IMG_4551.JPG

動画をアップできるかな?



ほかのも欲しくなってきちゃう。でもスペイン語?
Mis robots en Pijamarama -  Luna Park en pijamarama -

しかもニューヨークのオランダ語版がなんだかおしゃれ。
Meneertje Streepjespyjama: in New York -

読めないけど欲しい〜。

posted by popo at 13:11| 英語の本 | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

New York in Pajamarama New York in Pajamarama

New York in Pajamarama -
New York in Pajamarama -

1年近く前に欲しいと書いた本、ついにポチッとしてしまいました。

本当は遊園地のフランス語版を探してたんだけれど、どこでどう買えるのかわからず、ニューヨークの英語版にしました。届くのはだいぶ先のようです。待ちきれなーい!

日本語版はこちら。
ニューヨークのパジャママン (物が動くしかけえほん) -
ニューヨークのパジャママン (物が動くしかけえほん) -
posted by popo at 00:55| 英語の本 | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

The Christmas Pop-up Present

今年は新しくアドベントカレンダーを買うことはせず、Amazonnさんによると2006年に購入したことになっているこれを引っ張りだしてきました。

The Christmas Pop-up Present -
The Christmas Pop-up Present -

立方体の箱の中にサイコロをつなげたみたいなアドベントカレンダーが入っています。

もちろん12/1から始まり……
IMG_4034.JPG
その日その日の仕掛けや絵が楽しめて、最後はサンタさんがやってきます。
IMG_4039.JPG

ちょっとでかいのが玉に瑕だけれど、いつ見てもとてもよく出来ているんですよね。

ちなみに今は「\29,366より」ですってよ、奥様。
posted by popo at 17:34| 英語の本 | 更新情報をチェックする