2018年03月17日

This Book Is a Planetarium: And Other Extraordinary Pop-Up Contraptions

お待たせしました!

This Book Is a Planetarium: And Other Extraordinary Pop-Up Contraptions -
This Book Is a Planetarium: And Other Extraordinary Pop-Up Contraptions -

やっとじっくりめくってみました! と言っても、わずか見開き5ページ、道具が6つだけです。でも、そのどれもがすごい。いちばんの売りはやっぱりタイトルどおり、プラネタリウムですね!

DSCF1967 (2).JPG
ちゃんと北極星、北斗七星、カシオペア座がありますよ!

中にスマホのライトを差し入れると――
DSCF1964 (2).JPG
うわー、天井に星座が広がります! だいぶ低くて大ざっぱな夜空ですけどね。どんな感じかは、もったいないので内緒♪(というか、実は伝わるように写真を撮ることができませんでした・・・)

ほかには弦楽器、暗号化装置、万年カレンダー、スピーカー、小さい頃よくやった歯車が噛み合ってぐるぐる模様をかけるやつ(スピログラフっていうんでしょうか?)。「What can paper do?」のテーマを具現化する装置がひとつひとつ丁寧に作られていて、くっつき防止用なのか薄紙が挟んでありました。

お値段だけのことはある、物事のからくりを理解して楽しめる超絶お勧めの仕掛け絵本です!
日本語版は出ないのかなあ。なんなら訳しますよ?

追記:著者さんのホームページに紹介動画がありますので、ぜひ!
posted by popo at 23:54| 知識系の本 | 更新情報をチェックする